札幌市豊平区 一般歯科 小児歯科 矯正歯科 早期矯正 機能矯正 歯並び 歯医者

平岸おとな歯科こども歯科クリニック

 

 

一般歯科

小児歯科

予防歯科

矯正歯科

 

院長ブログ


スタッフブログ
 

※上記QRコードを携帯で読み取っていただくと、携帯サイトが閲覧可能です。

予防歯科

虫歯にならないように

虫歯にならないように歯を虫歯にさせないためには正しい歯磨きの方法とプラークコントロールが重要です。

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。

歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯を健康に保つために何よりも大切なのは「虫歯にしないぞ!!」という患者さん自身の気持ちです。
その気持ちさえあれば毎日の歯磨きもがんばれるはずです。

定期的な歯科検診も忘れずに行くようにしましょう。

 

 

プラークコントロール

プラークコントロール歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。
歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。

歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉炎の段階なら、毎日十分歯みがきをしてプラークを取り除けば、正常な状態に戻すことができます。

 

 

スケーリング

歯周病の予防で大切なことはプラークを取り除くことですが、歯石が付いてしまっているとプラークを除去するのが困難になってしまいます。
しかし、歯石は歯ブラシで掃除しても除去できないのです。

そこで大切なのが歯科衛生士さんによる「スケーリング」です。
特別な器具を使用して、家庭では取れない歯石をきれいに取ってもらうようにしましょう。

 

PMTC

PMTCPMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科専門のスタッフが専用の器具とペーストを使い、歯磨きでは落としきれない歯の表面の汚れ(ステイン)、歯垢(プラーク)やバイオフィルムを除去(クリーニング)する方法です。

タバコのヤニやコーヒー、ワイン、茶渋など着色が気になる方や、口臭の気になる方にお勧めです。
PMTCによってツルツルに磨かれた歯の表面は、歯垢がつきにくくなるため、虫歯の予防にもなります。
また、歯の表面の着色が取り除かれることで、審美効果もあります。

歯肉炎、歯槽膿漏、口臭予防、知覚過敏、虫歯の進行抑制、虫歯の予防に効果的です。

 

 

レーザー治療

レーザー治療は、治療する際に痛みや出血がほとんどなく、殺菌効果もあるため、最近普及してきました。

レーザーを歯周ポケット内に照射することで細菌性の毒素を取り除いたり、歯肉に沈着したメラニン色素を除去したりする目的で使われています。